店舗デザイン 東京の焼き鳥屋

焼き鳥屋は、店のツボ数はそれほど必要なく、焼き鳥を焼く場所とカウンター席だけでも営業できます。
メニューとしては、焼き鳥と一緒に串焼きを出すことも可能です。また、焼き鳥には日本酒やビールが合いますから、アルコールも同時に提供することになります。

鶏肉は牛肉や豚肉より原価が安く、調理方法も焼くだけとシンプルです。
工夫する必要があるのは、タレの作り方ぐらいです。焼き鳥向けの数種類のタレを用意しましょう。

お店が狭くても営業できるので、人をそれほど雇う必要もなく、人件費がかからないのも開業する際のメリットとなります。しかし、単価が安いのでお酒などとセットで売らないと、売り上げはそれほど上がりません。
店舗デザイン 東京ウエムラデザインスタジオでは、焼き鳥屋をどのようにして繁盛させるかのアドバイスを行います。

ウエムラデザインスタジオ
http://www.uemura-design.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. ワールドフレンドシップコインはICO(仮想通貨)を利用して、さまざまな事業を展開しようとしています。…
ページ上部へ戻る